途中下車

ハマボウ群落 

GF670/EBC FUJINON 80mm F3.5(FUJICHROME RDP III)


南伊勢町内瀬
伊勢路川の河口の中洲に広がる
ハマボウの大群落。

GF670W/EBC FUJINON 55mm F4.5(FUJICHROME RDP III)







海水に浸かる河口(汽水域)の泥砂に自生するので
半マングローブともいわれる極めて珍しい木本植物。

GF670/EBC FUJINON 80mm F3.5(FUJICHROME RDP III)







根本から多くの枝を出し、タコの足のような根を
複雑に絡み合い張り巡らしている。

GF670/EBC FUJINON 80mm F3.5(FUJICHROME RDP III)







ハマボウ群落は、洪水時に川岸を護り、海の堆砂を防ぎ、
津波の被害をも少なくする役割を果たしてきた。

GF670/EBC FUJINON 80mm F3.5(FUJICHROME RDP III)







夏、美しい一日花を咲かせる
ハイビスカスの仲間でもある、ハマボウの花。
地元では、昔からイソツバキと呼ばれ親しまれている。
三重県のレッドデータブック・絶滅危惧II類
(絶滅の危険が増大している種)に指定されている。
GF670/EBC FUJINON 80mm F3.5(FUJICHROME RDP III)







八月初旬に訪れたこの日
午前中の雨も上がり、とても蒸暑く
今でも忘れられない夏らしい一日となった。

GF670/EBC FUJINON 80mm F3.5(FUJICHROME RDP III)







少し盛りを終えた頃でしたが、
雲間からのぞく夏の陽射しを受け
誇らしげに輝いて咲くハマボウの花。
GF670/EBC FUJINON 80mm F3.5(FUJICHROME RDP III)







伊勢路川河口は、魚、昆虫、野鳥など
多様な生物の貴重なビオトープ(生息地)でもある。

GF670W/EBC FUJINON 55mm F4.5(FUJICHROME RDP III)







そして、ハマボウ群落でできたマングローブには、
様々な生物が生息する環境でもあり
「生命の揺りかご」とも呼ばれる。

GF670/EBC FUJINON 80mm F3.5(FUJICHROME RDP III)







かつて、河口を覆っていた広大なこの群落も河川改修工事
そして、潮位の変化により大分やせ細ってしまったそうですが
現在でも1000株以上が群生し本州最大級を誇っている。

GF670/EBC FUJINON 80mm F3.5(FUJICHROME RDP III)

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://sthyt28.blog.fc2.com/tb.php/850-4ce0857f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)